≪プロフィール≫
   
  めまぐるしく変化する社会情勢のなかで,人と動物の関わりも少しずつ変化してまいりました。共に暮らしている動物たちは,ペットからいつしか伴侶動物(コンパニオンアニマル)と呼ばれるようになり,そして最近では「癒し」なる言葉がもてはやされています。テレビ,雑誌あるいはポスターなど,毎日のようにどこかでかわいい動物たちの映像や写真を目にします。動物たちのかわいらしい姿は,人々の心を和ませてくれる大切な存在として不動の地位を築いたのではないでしょうか。

 しかし,我々を癒してくれる動物達も人と同じように年を取り,そして時には病気にもかかります。家族の一員と考えて頂けるようになった大切な動物たちがより快適で健康的な生活を送るためには,日々の健康管理はもとより動物予防医学の普及が不可欠であります。われわれは家族の一員である動物に対して,「ゆりかごから墓場まで」の生涯を通じて,専門的な立場からサポートできればと考えております。

  当院は,岡山県倉敷市の北西に位置し,驚くほど自然環境豊かな山間の小さな町にあります。獣医科大学のない当地において,地域の枠を超えて,だれもが,より高度な動物医療サービスが受けられるように,あえて地方の小さな町の中に最新医療設備を有する岡山県下最大規模の動物医療センターを設立しました。静かで水や空気が綺麗な自然環境の中で広いスペースと飼い主の方と十分にお話ができるゆとり,そして誰でもがリーズナブルに高度動物医療の恩恵が受けられることが,地方ならではのメリットと考えております。家族の一員である動物たちの健康管理を安心して任せられるホームドクターとして,さらには専門分野においては地域の枠を超えて夢と希望が提供ができる高度動物医療センターを目指し,スタッフ共々一層の努力を行う所存であります。関係機関はもとより,皆様方の格別のご支援とご協力を心からお願い申し上げます。
 
2004.4.1

 



home2