1989.5 小出動物病院開院
院長の出生地である矢掛町において,過疎地における動物医療の向上を目指し,獣医師2名で小動物を対象とした病院面積50坪の動物病院を開業。
その後は,徐々にスタッフの増員と設備の充実により,地域の中核を担う動物病院となる。

1998.5 さらなる高度動物医療のニーズに対応するため,病院面積を2倍の100坪に拡張。
手術レントゲン装置導入,ICUユニットの増設など大型の高度医療機器を多数導入し,ハード面を強化。

1999.4 小出動物病院の経営母体を笈芒}動物医療センターとして法人化。

2004.4 Web公開

2005.2

病院面積を120坪に拡張。
6列マルチスライスCT導入し,ハード面をさらに強化。


2011.3

動物臨床医学研究所グループとして農林水産大臣より小動物臨床研修診療施設の協力型臨床研修施設(7病院)の1つとして認定 。


2014.11

病院西側の第2駐車場を拡張。
運転が苦手な方にも配慮して駐車場内でバックすることなく方向転換可能な配置にした駐車スペースを確保 。


2017.6

64列128スライス・マルチスライスCT装置導入

 



home2