病気の進行が早く,しかも言葉を話せない動物の病気を正しく診断するためには,ある程度の臨床検査は必要不可欠となることは獣医師であれば周知のとおりです。近年,動物医療においてもより高度な各種臨床検査機器が利用できるようになったことで,診断レベルは飛躍的に向上しています。また,治療においても,人医学領域と同じように最新治療機器が利用できれば, より効果的にそして安全で確実な治療が可能となります。
当院では飼主の方々の高度動物医療に対する要望を背景に,地域の中核病院を目指し,さらに専門分野における二次病院としての役割を果すべく,積極的に設備投資を行っております。 当院での二次診療を検討されている獣医師のために,当院で利用可能な医療設備をご紹介します。

※注意
当院で使用している医療設備は,多く動物病院で使用されているものから人医療分野でのみ利用されているような特殊なものも含まれており,一般的な動物病院における標準的な設備を示すものではありません。また,高度医療関連機器(高度画像診断装置,特殊な臨床検査機器,最上位のモニター機器や麻酔器高度医療など)の多くは医療用であり,動物用に認可を受けているものではありません。なお,当院で使用している機器の性能や安全性をすべての獣医師に対して当院が保証するものではありません。

調剤関連機器

臨床検査関連機器(画像診断検査機器を除く)