動物なお,片側または両側の精巣が,陰嚢内に存在せずに鼠径部や腹腔内にある陰睾または停留精巣と呼ばれる異常に対しては,切開範囲が通常よりも大きくなったり,開腹手術が必要なことがあります。

性成熟と発情

犬の場合

雄犬
雄犬は生後 7 ~ 12 カ月齢(個体差があります)で性成熟に達し,繁殖能力を有するようになります。性成熟に達した雄犬では後ろの片足を挙げて排尿するマーキングが認められるようになり,発情した雌犬に対しては強い興味を示すと共に交尾を求めるようになります。雄犬の発情は特に定まった時期はなく発情した雌によって誘発されます。
雌犬
犬種によって異なりますが雌犬では生後 6 ~ 12 カ月(犬種差や個体差があります)で性成熟に達し,発情が認められるようになります。性成熟に達した雌犬では通常年2回(大型犬では年1回の場合もあります)の発情が認められるようになります。雌犬は発情に関連して陰部からの出血を起こしますがそのメカニズムは人間とは全く異なります。犬の発情期は,発情前期(平均 8 日),発情期(平均9日),発情後期(約 60 日),休止期(50 ~ 80 日)の 4つの時期に分かれています。出血が多く認められる時期は発情前期で,この時期の雌犬は交尾を許容しません。その後発情期に入ると交尾を受け入れるようになり妊娠可能となります。犬の妊娠期間は,平均 63 日です。

猫の場合

雄犬
雄犬は生後 7 ~ 12 カ月齢(個体差があります)で性成熟に達し,繁殖能力を有するようになります。性成熟に達した雄犬では後ろの片足を挙げて排尿するマーキングが認められるようになり,発情した雌犬に対しては強い興味を示すと共に交尾を求めるようになります。雄犬の発情は特に定まった時期はなく発情した雌によって誘発されます。
雌犬
犬種によって異なりますが雌犬では生後 6 ~ 12 カ月(犬種差や個体差があります)で性成熟に達し,発情が認められるようになります。性成熟に達した雌犬では通常年2回(大型犬では年1回の場合もあります)の発情が認められるようになります。雌犬は発情に関連して陰部からの出血を起こしますがそのメカニズムは人間とは全く異なります。犬の発情期は,発情前期(平均 8 日),発情期(平均9日),発情後期(約 60 日),休止期(50 ~ 80 日)の 4つの時期に分かれています。出血が多く認められる時期は発情前期で,この時期の雌犬は交尾を許容しません。その後発情期に入ると交尾を受け入れるようになり妊娠可能となります。犬の妊娠期間は,平均 63 日です。